流行りのドローンの資格を取ろう!ドローンを使って活躍の場が広がる|Education About Drone

ドローンが注目を集めているワケ

ドローンを使うと空高い場所から動画撮影をすることができます。通常では撮影ができない場所の撮影をすることができ、映像を撮影したい人たちが多いことから注目されているだけでなく、カメラを通じて状況を把握したり荷物を運んだりと人が行くことが困難な場所で活躍できるドローンが注目されています。資格を取得していると、自己流よりもさらに正しい知識と技術を習得することが可能になります。

ドローンを活用できるシーン

  • 美しい景色ながら人力では不可能な場所を撮影(高い山や断崖絶壁など)
  • 農業の人材不足が問題に伴い、農薬散布や作物の状況など活用することが可能
  • 高い建物や敷地が広い施設などを空から点検や監視
  • 買い物が困難な地域や救援物資など物を届ける
  • スピードや高さが重要となる競技を行うときの撮影法に使える
  • 人間が踏み入れることができない災害や犯罪の現場などの状況把握に役立つ
  • 警備業務にも活用可能
ドローン

操縦するときの注意点とは

近年、個人でドローンを使用する人が増えてきています。ドローンの購入や操縦に特別な資格は必要ありませんが、操縦時には、注意しなければならないことがいくつかあります。メーカーが定めている対象年齢よりも過ぎているのであれば、操縦することは可能となっています。しかし最近では、ドローンによる事故も増えてきているので、法規制が厳しくなってきているのです。資格が必要でなくても、ドローンに関する様々なことを知っておかなければなりませんし、操縦にもある程度の技術が必要です。操縦自体には資格が必要ないとはいえ、状況により飛行に関する許可を得なければいけないことがあります。例えば150メートル以上の空域を飛行する場合、人口密集地での飛行や空港などの周辺を飛行させる場合です。このようなときは、事前に国土交通省の許可が必要となります。

上空からの写真撮影が可能

デジタルカメラやスマートフォンでも、写真や動画を簡単に撮影できますが、ドローンを活用することで一味違ったものを撮ることができます。例えば高い場所の風景写真を撮りたいけれど、そこまで行くことができない場合でも、操縦さえ上手くできれば上空からの撮影が可能です。簡単に持ち運べるものもあるので、旅行先などで海や近づくのが危険な場所の風景写真を撮ったり、誰かに頼まなくても友達との自撮りもできるようになるので資格がなくても素敵な思い出を作ることができます。

仕事や人助けにも使える

山での遭難や地震など、すぐに駆け付けることができない場合、ドローンを使って上空から被害状況や遭難者の捜索に大きく力を発揮します。災害時の救助活動は一刻を争うものなので、資格がなくても使えるドローンの活用は、とてもメリットが大きいといえます。報道においても、同様に記者が行くことが難しい場所でも、ドローンを飛行させるだけで撮影が可能です。ヘリとスタッフを用意しなくても、ドローンが両者の役割を果たしてくれます。他にも農業で農薬の散布などに利用されたり、多くの仕事で使われているのです。

広告募集中